トップページ

デジタル時代のアナログとの付き合い方~手書きから電子書籍、芸術まで

テクノロジーは人々の暮らしを豊かにします。それぞれのメーカーは、今より便利な未来を目指し、日夜研究開発がされています。新しい技術を利用することで、さまざまなことが便利になります。しかし、デジタルがいくら進んでも、私たちの根本的な生活は変わりようがないです。

朝起きて歯を磨き、ご飯を食べ働きに出かける。仕事を終えると、温かいご飯と優しい家族我待つ家に帰り、明日に備えてゆっくり眠る。 人間の生活は、基本的にいつでも同じです。最新の機械をその中に導入すれば、ちょっとだけいろいろなことが楽になるだけです。全てのものがデジタル化される未来が刻一刻と近づいてきているように感じますが、怖がる必要はありません。

アナログは消える?

どれだけ便利な機械や装置が発明されてとしても、それを扱うのは私たち人間です。人にとって無理のない、自然な行動というのは、すでに決まっています。そしてそれはすでに、現行の道具に活かされていますので、わざわざ形を変える必要はありません。

デジタルがそれだけ進んでも、アナログは決して、なくなりはしないでしょう。それどころか、別の価値を新たに見いだされる可能性も残っています。

使い慣れた道具は、どんな便利な新製品よりも優れていると言えます。紙や鉛筆、筆や絵の具など昔ながらの道具は、いつまでも私たちのそばにいてくれるでしょう。アナログを捨て去る必要はありません。今まで通り仲良くしていればそれで良いでしょう。

それぞれの良さを知ろう

デジタルにもアナログにも、それぞれに素晴らしい長所があります。「機械は分からないから使えない」「古くさい道具は嫌だ」と思っていては、本当の便利さ、快適さは得ることが出来ないでしょう。

生活に役立つものから、仕事に欠かせないものまで。手書きから最新技術まで。どんなものでも、使いようです。「道具のポテンシャル」を最大限に引き出すのは、いつでも使う人次第です。アナログのメリットとデジタルの便利さを活かし、現代社会を楽しく暮らしていきましょう。

Recommend