Category : BUSINESS

手書きの機会が減ったからこそ持ちたい筆記用具とは?

パソコンやスマホなどでのデジタル入力が増えた今、手書きという行為自体が減ってきているといえます。例えば履歴書などは日本だと手書きがマナーとされていましたが、最近はデジタルで作成するほうが効率的だと喜ぶ会社も増えました。

筆記が苦手という人にもデジタル入力が人気ですが、実は手書きのほうが記入内容も頭に入りやすいという研究結果も出ており、日常の記録をするライフログなどは、手書きのほうが適しているといえます。そこで、今回は手書きを習慣化するのにおすすめの道具を見ていきましょう。

手書きの機会が減っても評価が高い筆記用具とは?

手書きの機会が減るということは、当然ながら筆記用具の売れ行きにも影響があります。日本はまだ手書きが多い国ではあるものの、昔に比べると文房具店などの減少からも分かるように、需要が減っているのは否めません。 ですが、その反面で未だに人気が高かったり、再評価されていたりする筆記用具も存在します。そのうちの一つが『万年筆』です。

万年筆とは、インクを補充しながら記入していくレトロなペンです。 こうした古めかしいともいえる筆記用具の評価が高い理由、そして手書きを習慣化させるのになぜおすすめできるのか、これより説明していきます。

美しく耐久性にも優れた万年筆は特別な一本!

万年筆というのは、名前の通り耐久性については他の筆記用具に大きく勝ります。さすがに万年使うことは難しいのかもしれませんが、親から子へ受け継がれるケースが多いように、30年以上もつことだってあり得るのです。

しかも「頑丈なものって無骨なデザインが多くてちょっと…」と思うかもしれませんが、万年筆はどれも洒落ているデザインが多いですね。ペン先は十八金を使うことが多いので綺麗ですし、ボディに関してもシンプルで、その外観は「もっともペンらしいペン」とまで評されます。 その分お値段が高いものが多く、それもあってか『特別な筆記用具』として認識されやすいです。それこそが、手書きを続ける上で注目すべき点でしょう。

特別だからこそ書きたくなる万年筆の魅力

書き味がボールペンに比べて特殊で、力を入れると逆に書けません。しかし慣れるとすらすらと滑らかに筆記が可能なそれは、何から何まで特別であり、使っているとどのように感じるでしょうか? 人間というのは、特別なアイテムを所持して使うことで、単なる作業でも楽しく感じやすいのです。

そして楽しいと感じれば続けることも嫌ではなく、むしろ自発的に動けるという人も多いでしょう。 これが万年筆をおすすめしている理由であり、特別なアイテムで手書きを習慣化させておくと、脳にも良い影響があって一石二鳥となるのです。

贈り物にも最適な万年筆でいつまでも仲良く!

また、万年筆はケースなどもこだわって作られているものが多く、贈り物としても重宝されます。ある程度お年を召した夫婦の場合、デジタルよりもアナログのほうが好きという人も多く、なおのこと喜ばれるでしょう。 特別なプレゼントを贈ることで雰囲気が盛り上がりますので、久々に夫婦のひと時を過ごすのも良いでしょう。

夜の営みも久しぶりで不安という旦那さんは、先にEDなどの専門クリニックにいっておくと良いです。 そうすれば自分が病気かどうかも分かりますし、場合によってはバイアグラを処方してもらえることで、安心して奥さんを誘うこともできるでしょう。 万年筆は贈ってよし、自分が使ってもよしの魅力的なアイテムなので、是非とも書き心地を試してみてくださいね。

Recommend