Category : BUSINESS

パソコンとも抜群の相性!空いたスペースで付箋を活かす

WindowsでもMacでも、手軽に文章を入力できるメモ帳的なアプリは、機種に関わらず標準搭載されていますね。パソコンの持ち運びが簡単になったこともあり、そうしたアプリにてメモを取っているという人も増えましたが、後で確認する場合のことを考えてみましょう。

デジタルメモを読み返す場合、パソコンとアプリの双方を起動しなくてはいけません。メモというのは手軽に書いて手軽に確認できることが必要なので、デジタルばかり利用するのではなく、メモ書きにはアナログアイテムを採用してみましょう。

実は忘れやすい!?デジタルのメモにありがちなこと

すでに軽く触れたように、パソコンなどで取ったメモというのは、確認するためのステップが多すぎるという欠点があります。最近はスマホでもデジタルなメモが作れるので、そちらなら…と言いたいところですが、それでもまだ手間が多いです。

スマホを起動して文字入力を行い、アプリを終了させたとしましょう。その後にメモを確認するには、スリープを解除してアプリをタップ、そして見たい内容をチェックする…このように、操作が発生している以上はアナログメモに比べて、つい確認を面倒に感じやすいのです。

そこで、デジタルなアイテムを使っている人のメモ帳として再評価してもらいたいのが、『付箋』というアナログなアイテムです。

付箋はパソコンと相性抜群!?時代を超えて愛されるメモ帳

付箋というのは、説明不要の『貼り付けられるアナログメモ』ですね。部分的にのりが付着していますので、大体の場所には貼り付けることが可能で、製品によっては数度の貼り剥がしにも耐えられます。

さて、なぜこの付箋がパソコンと相性抜群なのかというと、『パソコンの使っていないスペースに貼り付けられるから』という、ちょっと考えれば気付く点が関係しているのです。

例えばデスクトップパソコンの場合、モニターのベゼル(縁のこと)なら、情報が表示されているわけでもないので、貼り付けても全く作業の邪魔にはなりません。

そしてメモを確認する場合、少し視線を移動するだけで書かれている内容をチェックできるのですから、無駄な操作は一切必要ありません。

デジタルな製品に慣れるとメモまでそちらのほうが良いと思われがちですが、こうしてアナログなメモを組み合わせて使うことで、処理できる情報量の拡大にまで貢献できるのです。

忘れられない内容をなんでもメモしよう!

メモをする内容ですが、買い物リストから決済の情報、確認事項などなんでもOKです。さらに仕事で使うキーワードなどを貼り付けておけば、作業の効率化までもアナログが貢献しているということになりますね。

ちょっとしたアドバイスとして、付箋は色分けされたバラエティーパックを購入しておくのをおすすめします。そうすれば『黄色はプライベートな内容、仕事は緑色でメモしておく』といったように、色分けにてさらに情報が認識しやすくなるでしょう。

ほんのちょっとのことかもしれませんが、その少しが日々の生活を劇的に変えることもあります。付箋とパソコンの組み合わせはその最たるものの一つなので、身近なところからデジタルとアナログを融和させてみてはいかがですか?

Recommend