Category : BUSINESS

タブレットでペーパーレスワーク

タブレットを使用して、会社でのコストや手間を減らしましょう。効率的な業務にも繋がり、生産性も上がること間違いありません。ペーパーレスワークは今後、ビジネスにおいては常識となるでしょう。

コスト削減?紙のない会社

現在、ペーパーレス化を推進する会社が日本でも増えてきています。紙の書類をなくすと、様々な場面で経費が削減できます。当然、紙に対する費用がなくなりますし、印刷をする際のインク代も節約出来ます。

紙を使わなくなると、デスクの上もすっきりと片付くものです。目を通さなくてはならない書類や、参考資料の本が山積みとなった机では、作業効率は低下してしまいます。

ペーパーレスをすることで、社員の生産性が向上すれば、会社の利益に繋がります。コストを削減するだけでなく、働く環境を良くすることにも貢献すると言えるでしょう。
参考サイト⇒知っ得!ペーパーレス化のメリット

コピーいらずは手間いらず

会議の度にコピーされる資料。考えて見れば非常にムダであると言えます。必要のなくなった紙は結局、裏紙などに利用されるか、機密情報が載っていた場合にはシュレッダーにかけられ、ゴミとなってしまいます。

コピーをするのも、シュレッダーにかけるのも、たいていは事務員の仕事です。人件費の観点から見ても、ムダな仕事をさせるのは良くありません。効率的に、全ての労努力が使われることが会社には重要であると言えます。

タブレットを使用することで、上記の問題は全て解決されます。コピーは必要なく、PDFなどのファイルをメールで出席者に添付するだけで、会議の準備が完了します。必要なくなたったら捨てれば良いですが、データは邪魔にもなりませんので、フォルダにしまっておいても良いです。 会議一つ取ってみても、ペーパーレス化でここまで効率は上がります。是非、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

ミスをなくすデジタルデータ

紙の書類は、一度印刷をしてしまうと手直しがききません。もちろん、手書きで修正をすることも可能ですが、ビジネス文書としては少し不格好ですね。時間も労力もコストもかかる方法と言えるでしょう。

デジタルデータにおいては、直しをいれるのは非常に簡単です。逆に、誰かに改ざんされたくない場合には、保護を書けることも出来ます。バックアップもとれるので、紛失のリスクもありません。ビジネスにおいて、デジタル文書はすでにスタンダードなものと言えるでしょう。

タブレットは書類作成や、本格的な業務にはまだまだ心許ないスペックではありますが、使い方次第で大きな戦力となります。導入を決めて、まずは紙をなくすことからはじめて見ましょう。

Recommend