Category : HANDWRITING

スタイラスペンが示す可能性

スタイラスペンはタブレットをより自由に、より快適に操作するための優れたツールです。指先での操作にストレスを感じている方は、ぜひお試しください。

指先でのタブレット操作が難しい理由

「タブレットは所詮タブレット」こうした意見も数多く見受けられます。まだまだ登場したてのデバイスだけに、その評価は辛辣なものが多いでしょう。その理由のひとつとして、指先での操作の不安定さが挙げられます。確かに直感的ではありますが、細かい作業に適していないのは事実。そこでオススメしたいのが、スタイラスペンの導入です。

そもそもなぜ指先での操作が難しいのかというと、ひとつは視界の悪さが挙げられます。人間の指というのはそこまで細いものではありません。さらに透明でもありませんので、どうしてもディスプレイを操作する際に見えなくなる領域が出てきてしまいます。

さらにポインティングのしづらさもあるでしょう。シャープペンシルのように先端が尖っている指先はまずありえません。そのため、きちんと触れたつもりでも予期せぬ場所が選択されてしまうことが多々あります。

タブレット操作を快適にするスタイラスペン

スタイラスペンはこれらの問題を解決するのに最適な選択です。ペンのように細いので、視界の邪魔になりません。さらに先端形状は指先よりも細く、思った通りのポインティングが可能となります。

また、スタイラスペンはタブレットの操作にも有効ですが、なによりペインティングツールとして非常に優秀です。パソコン接続して使用するペンタブレットも素晴らしいですが、画面に直接筆を走らせることのできるスタイラスペンはより直感的と言えます。イラストを描く人にとっては、これ以上のツールはないでしょう。

最近では、モデルによって筆圧が感知できるものまであります。ここまでくれば、漫画などを制作する人にも十分実用的であると言えるでしょう。もちろん、ビジネスマンにとってもメモ帳や手帳代わりになる可能性が大いにあります。

しかし少し注意したいのは、いくら優れたスタイラスペンでも、タブレット自体やアプリの性能が伴わないと使い物にならない、ということです。低スペックのデバイスの場合、描写が追いつかなかったり、線がガタガタになってしまったりする可能性も。さらにアプリの使い勝手が悪ければ、いくらスタイラスペンを使っても快適な操作はできないでしょう。

スタイラスペンには大きな可能性があります。もしかすると、何年か後にはまるで紙と鉛筆のような感覚で利用できるものが完成するかもしれません。指先の操作だけでタブレットはダメだと決めつけてしまっている方には、ぜひ一度お試しいただきたいツールです。

Recommend