Category : DIGTAL BOOK

紙のにおいとぬくもりに包まれて

いくら電子書籍が普及したとしても、紙の本はなくならないと言えます。それぞれに長所がありますので、ご自身に合った選び方をしてください。ここからは、紙の本の良さについて考えていきます。

本だからこその利点

紙とインクの匂いを感じながら、本の世界を旅するのは非常に楽しいものです。電子書籍は内容は一緒ですが、ページをめくる趣きが足りませんよね?本は読み進めていくうちに、残りのページ数が手触りで感じられます。「もう少しで終わっちゃうのか…」といった寂しさを感じられるのも、紙ならではですね。

当然、バッテリー切れを気にすることもありません。読書の最中に、メールやアラームなどの通知で集中力を乱されることもないでしょう。灯りを必要としますが、逆に目が疲れないですみます。電子書籍にはない優れた点も、数多くあると言えるでしょう。

素晴らしい書籍との出会い

本には背表紙があります。タイトルと著者、そしてボリュームが一目で分かります。書店に行くと、大量の本が陳列されており、どれを買おうか?と考えるだけでわくわくしてきますよね?確かにデジタルブックストアは検索をするのには便利かも知れませんが、「偶然の出会い」に関してはまだまだ実物には叶わないでしょう。本との出会いは、直感的なものもあります。「なんとなく気になったから」「鞄を引っかけて落としてしまったから」ひょんなきっかけで、素晴らしい本に出会えることもあります。

人から人へ、本は渡る

図書館にいけば、数限りない名作が本棚に並んでいます。しかも無料で借りることが出来ますので、お財布にも優しいです。静かな館内でする読書は、心を落ち着かせてもくれます。家に持ち帰り、一気に読み進めてもよいでしょう。

たくさんの人に読まれた本は、味わいが増します。端はボロボロで、日焼けもあるでしょう。誰かが鉛筆でマーキングしたあとを見つけたり、しおりが挟まれっぱなしになっていたり。そんな、人が触った、読んだ温もりを感じることは、電子書籍では出来ないことです。

電子書籍は確かに便利です。しかし「本は不便だからなくなる」ということもないでしょう。文字を読むだけが読書ではではありません。「体験」こそが、大切な要素であると言えます。

Recommend