Category : DIGTAL BOOK

電子書籍が読書の未来を変える?

近年話題の電子書籍。良いところばかりに見えますが、実際の所はどうなのでしょうか?ポイントを並べつつ考えて見たいと思います。

数も価格も、有利ではあります

電子初期を取り扱うサイトは様々あります。その中でも特に大手と言われるのがアマゾンではないでしょうか?アマゾンは元々、書籍の通信販売からビジネスをスタートさせた経緯もあり、本では負けないという意気込みが伝わってきます。

品揃えにしても価格にしても、一書店に勝ち目はありません。デジタルデータである電子書籍は、在庫という概念がありませんので、タイトル数は無限に増やせます。価格にしても、印刷コストがかからない分安く設定されていますので、新品を取り扱う書店では太刀打ちできません。

探しやすさという点では少しだけ状況が違います。確かに、ネットでの検索は足を使わないのでとても楽でしょう。ですが、書店のようにジャンル別に並んだ棚から、自分に必要な本を選び出す、といったことはまだまだ難しいと言えます。

最近では、データでの試し読みというサービスも始まっていますが、目次や最初の数ページだけでは、本当に自分の欲しい情報が掲載されているか確かめるには不十分でしょう。 書店と電子書籍、それぞれの良いところを利用するのが、現代の読書好きには大切であると言えます。

一つ買えば複数のデバイスで

電子書籍ならではの利便性として、アカウント単位での購入であることが挙げられます。同一アカウントで認証を行えば、複数のデバイスで購入した電子書籍を読むことが可能です。

しおりが、ネットを通じて同期されるのも晴らしいところです。例えば、自宅でタブレットやリーダーを使い読んでいた小説の続きを、通勤時にスマートフォンで読み始める、といった使用法があります。ご家族で本を奪い合うこともなくなりますし、紛失やダメージのリスクからも解放されます。

新しくデバイスを買ったとしても、また認証を行うことでいつまでも本を手元に置いておくことが出来ます。紙の本にはない便利さであると言えるでしょう。

かさばらないことは良いこと?

電子書籍のメリットとして、物として大きなスペースを占めることがないという点が挙げられます。本やCDは増えれば増えるだけ、部屋に溜まっていきます。読み終わった本を並べるために、本棚を買うのはちょっともったいないですよね?

電子書籍はデータですので、当然かさばる心配はありません。特に、文字データのみのものは、容量的にも小さいため、HDDを圧迫することもありません。

とは言え、本棚というのはある意味で、自分のセンスをアピールするインテリアでもあります。好きな本の背表紙がきれいに並んでいるというのは、それだけで心が豊かになるもの。全て電子書籍というのは、少し味気ないかも知れません。

Recommend