Category : DIGTAL BOOK

まとめ買いがコツ?電子書籍をお得に楽しむ方法

今、世界中で広まっている電子書籍のメリットといえば、値段が安いことですね。データなのでかさばらないという利点ももちろんのこと、やはりお財布に優しいのが一番…のはずですが、日本では多少異常ともいえる状況となっています。

通常時の電子書籍の値段を見るとわかりますが、はっきりいって安くはありません。通常の新品価格とほぼ同じである上、中古でも良いのなら紙のほうがむしろ安かったりします。そんな状況でもお得に電子書籍を楽しむコツを、今回はお教えいたします。

ストアはどこを使う?電子書籍選びはココが肝心!

電子書籍というのは、基本的に『購入したストア専用のアプリを使わないと読めない』という点があります。よって、少しでも読みやすい環境を整える場合、使う会社は一つに絞りましょう。日本で有力なのは『Amazon』や『eBookJapan』でしょう。『楽天』も候補の一つになります。

これらのサイトの特徴としては、豊富な品揃えもそうなのですが、『少しでも安く、お得に電子書籍を読む』という点において注目です。重要なことなので、忘れないでくださいね。

セールを待ってからまとめ買いしよう!

電子書籍は紙の本に比べて、比較的セールが開催されやすいというのがポイントです。中でも今回例として挙げた会社では、かなりの頻度で多数の本の割引を実行しています。

割引といっても本の価格そのものが引かれていたり、ポイント還元にて実質値引きとなっているケースだったりすることもあります。どちらにせよお得には違いないので、こうしたセールを紹介するサイトを定期的にチェックすると良いでしょう。

セールにも規模の違いがある?

ここで一つ注意したいのが、『行われているセールの規模』です。実はセールの規模というのには差があり、時には特定の会社の本だけだったり、実用書のみの値引きだったりとばらつきがあります。

そこで注目したいのが、いわゆる大規模なセール時です。行われる機会こそ少ないものの、多数の本が大幅に安くなっており、場合によっては全て半額という場合もあります。

大規模なセールほど滅多に行われない上に、電子書籍のセールは突発的な場合が多く、見逃しやすいのには注意しましょう。ただ、電子書籍には在庫の概念はないので、人気書籍でもセールに気付けば確実に入手できますね。

帰るときに買うのがコツです!

電子書籍のセールは、稀に短期間で連発することがあります。そんな場合だと「前回欲しかった本が今回はセールになっているけど、別の本を買いすぎたからやめておこうかな…」と思うかもしれません。

ですが、欲しい本だというのなら、躊躇はよろしくありません。電子書籍のセールは不定期であり、規模が大きいほど次回開催については未定となります。

よって、セールを逃すと買い時を数年後に逃すことだってありますので、ためらいというのは結果的に損を生むのです。破産するほど買うのはダメですが、予算にそこそこの余裕があれば、帰るときに全巻揃えるくらいの気持ちでいましょう。

また、大量に購入したとしても、持ち帰りの心配がないのも電子書籍の魅力の一つです。本棚の圧迫などは一切気にすることもありませんし、お得なときに買いだめをして、読書に耽ってはいかがですか?

Recommend