Category : DIGTAL BOOK

自炊は便利?不便?自分で電子書籍化するとどうなるのか

タブレット端末というのは、手軽なインターネット体験以外にも、『簡単操作で自分のデータが閲覧できる』という利点があります。表計算ソフトで作った内容を確認したり、自作の小説をチェックしたりと、パソコンにはない操作性でなんでも読むことができますね。

それを利用した方法として、今注目されているのが『自炊』です。自炊といっても、自分で料理をするというわけではありません。これは『紙の本を自分で電子書籍にする』ことを指しており、果たして便利なのか不便なのか、その実態に迫ります。

自炊で電子書籍を作る主な方法とは?

自分で電子書籍を作る自炊という方法は、いくつかの手段に分かれています。今回は主に使われている方法を挙げていきますので、自分にとって都合が良い手法を検討してみましょう。

先に利点をいっておくとしたら、『今持っている本を再活用できる』という点、そして『好きなアプリや端末を使って自由に読める』ということです。電子書籍を直接購入すると、利用アプリが制限されているので、何気にかなり利点が多いです。

特に冒頭で説明した通り、自炊してタブレット端末に保存しておくと、タッチパネルで読めるために相性は抜群です。 ただ、欠点もありますので、それは後半にて説明いたします。

一番早くて綺麗?裁断機とスキャナーを使う方法について

まず一番早くて綺麗としては、『裁断機を使って本をバラして』から、『スキャナーを使って読み込む』ことです。

本を裁断する機械というのは、実はなくてもバラすことができます。ただし製本の方式にもよりますが、裁断機なしだとバラす作業に時間がかかりますので、たくさん自炊したいのなら購入する価値はあるでしょう。

スキャナーに関してですが、こちらはコピー機でもスキャン機能があれば代用はできます。ただ、スキャナーも多数の書類を読み込めるタイプでないと、一枚一枚投入しないといけない場合があるので、こちらも機材選びには注意してください。

この方法での利点は綺麗に仕上がって早いことだと説明しましたが、欠点としては『本を破壊する』必要があることです。自分で購入したものなら別に気にしないという人がいる反面、ものを大事にする人が多い日本では、この過程を気に病む人もいるのです。 それにバラすともう読めませんので、そうした欠点を補う方法を次は説明します。

時間はかかるけど気楽?撮影での自炊について

次にお教えする方法は、『スマホなどのカメラで撮影すること』です。解像度が高いカメラを使って撮影し、PDFなどの形式にまとめることで、お手軽に電子書籍が作れます。

利点としては、余計な機材を買わないので財布に優しいこと、そして本を破壊せずに済むことでしょう。特に本を破壊せずに電子書籍が作れたら、紙の本は売るなどしてリサイクルもできるので、精神的にも楽ですね。

ただ、撮影で自炊する場合は『自分でページをめくって都度の操作が必要』な上に、『ページを押さえる指が写り込む』という意外と大きな欠点もあります。撮影の位置取りなどもあり、綺麗に電子化しにくいので、一考の余地ありともいえる方法でしょう。

専用業者に任せるのもアリ?電子書籍化を担う企業とは

「機材や手間が必要なら自炊はいいや…」と諦めるなら、『電子書籍化業者』の利用も考えられます。電子書籍化で行う手間を代行してくれるので、時間がない人でも安心です。

ただ、こちらは一冊あたりで費用がかかりますし、大抵は裁断しての電子化なので、紙の本も帰ってきません。そもそも他人に任せると自炊かどうかという意見もあるので、忙しい人向けのサービスだといえるでしょう。

自炊した本は個人利用のみにしておこう!

近年は著作権についても議論されていますが、実はこうした自炊書籍に関してもルールがあるのは、ご存知ですか?

自炊にて作った電子書籍というのは、あくまでも個人利用でのみ許されているという感じなので、複製して他人に渡すのはもちろんアウトとなります。 データが盗まれたりしても危ないので、管理はきっちり行ってくださいね。

Recommend