Category : HANDWRITING

デジタルなのに手書き!?画期的な入力アプリを使う

文字などの記入方法をデジタルとアナログで分ける場合、タイピングが手書きかで分かれているといっても良いでしょう。仕事としての主流はタイピングなのかもしれませんが、何かを素早くメモしたいという場合、手書きもまだまだ利用されています。

デジタルとアナログというのは度々比較され、「一体どちらが使いやすいのか?」という議題で論争されていることが多いですね。ただ、それははっきりいえば不毛な争いでもあります。双方に良いところがあると認めれば、画期的な解決策も見つかるのです。

どちらにも弱点がある?タイピングと手書きを比較してみよう

デジタル入力では欠かせないタイピングですが、こちらの欠点は『場所を選ぶこと』ですね。キーボードはほとんどが安定した場所で利用されることを想定しており、バランスが悪い場所や立ったままでは極めて扱いにくくなります。

ですが、手書きにも欠点がないわけではありません。筆記というのは個人によって字の上手い下手がどうしても反映されてしまい、自分用のメモならともかく、仕事で提出するなら常に均一の書体が好ましいですよね?

となると、「手書きで早く入力したいけど、タイピングみたいに綺麗には書けない…」と悩む場合はどうすれば良いのか?その解決策というのは、意外と簡単に見つかるでしょう。

手書きなのにデジタル!?画期的なアプリを利用する

そんな時は、iPhoneやAndroidで使える『7note』という手書き入力アプリを使ってみましょう。これ以外にも同様の使い方ができるアプリはありますが、精度などがかなり好評です。

こうした手書き入力アプリを使うと、『タッチペンなどで記入した文字を認識して綺麗な文字で出力される』ということが可能になります。つまり、アナログで入力したらデジタル文字で出力されるということなので、文字の上手い下手が一切反映しません。

「急ぎで手書きメモを取るとどうしても綺麗にならない…」という人や、「取引先の目の前でスマホのキーボード入力するのは印象として良くないよな…」と悩む人にとっては、最適の入力方法となるでしょう。

大きな画面を用意すればさらに効率的に!

なお、こうしたアプリは主にスマートフォンで利用されていますが、iPadなどの大きな画面をもつタブレット端末の場合は、もっとスムーズに入力ができます。

最近は取引先や職場にてパソコンよりもタブレットを使うという会社が多く、そうなるとやはり入力方法については意識する必要があり、手書きアプリというのはビジネス層にも人気となっています。

当然個人で使っても何の問題もありませんので、キーボード入力に慣れないという人がいれば、メインの入力方法として前向きに検討してみるのも良いでしょう。

補正しない文字を記載するドローイングアプリにもなる?

さらに、手書きで入力した文字を綺麗に直さず、あえてそのまま記載するような使い方も、一部のアプリで可能となっています。その場合は表や記号などもサラサラ書くことができるので、手書きアプリ導入前には、どんな機能があるかをチェックしておいてください。

アナログの入力とデジタルの出力を兼ね備えたアプリを駆使して、手書きをもっと活用できるようになりましょう。

Recommend