Category : ART

ギターアンプはデジタル化される?

レコーディングに関してはデジタル化がかなり進み、普及しています。当サイトでもご紹介しました通り、現在ではデジタルレコーディングが主流になっています。若いミュージシャンの中にはアナログレコーディングを一度も経験したことがない、という方も多いほどです。 ですが、楽器の中には完全なデジタル化が難しいと言われ続けてきたものも少なくありません。その一つがエレキギターです。

もちろん、ギターシンセサイザーなども登場してはいますが、基本的にこれはデジタル信号の入力機器としてギターを使用しているだけのものであって、エレキギターという楽器を完全にデジタル化した、とは言えないでしょう。

では、エレキギターの世界はデジタルとは無縁のものなのでしょうか?そんなことはありません。ギターアンプの中にはデジタル技術を導入しているものも少なくありません。

レコーディングや自宅での練習などの際に、アンプシミュレーターを使用したことがある、という方も多いのではないでしょうか? アンプシミュレーターとして一世を風靡したLINE6のPODシリーズなどはまさに、ギターアンプをデジタル化したものであると言えるでしょう。

どんなアンプのサウンドも再現してしまうデジタルモデリング

デジタル技術が進歩することによって、デジタル系のアンプシミュレーターはさまざまなサウンドを生み出すことができるようになりました。 それこそ、名機と呼ばれるようなさまざまなアンプのサウンドをリアルに再現してしまうシミュレーターも登場しています。

たとえば、レコーディングの際に、曲やパートによって劇的にサウンドを変えたい!そんな時に複数のアンプをスタジオに用意するのは簡単ではないでしょう。特にアマチュアミュージシャンが自宅でレコーディングする場合、フルスタックのチューブアンプを使用することもできません。

ですが、デジタル系アンプシミュレーターが1台あれば、さまざまなアンプのサウンドをアウトプットすることができます。また、キャビネットシミュレーターが搭載されているPODなどであれば、手元の操作だけで、小型キャビネットから、フルスタックアンプのサウンドまでさまざまなタイプの音を再現できてしまいます。

近年では、こういったデジタルアンプシミュレーターが内蔵されたアンプなども登場していますので、レコーディングだけでなく、ライヴシーンでも使用されるようになっています。

いくらデジタルが進化しても…アナログアンプはなくならない!

このように、便利なデジタルアンプシミュレーターが登場したからと言っても、やはりアナログアンプがなくなることはないでしょう。 特に、チューブアンプならではのプレイヤーのタッチによって微妙に変化するサウンドは、デジタルアンプではまだまだ再現することはできません。

また、アナログアンプには個体差がありますし、キャビネットも使い込むことによって変化します。なので、どんなデジタルアンプシミュレーターではどうしても再現できない「そのアンプだけのサウンド」があるのも確かです。

なので、アナログアンプが決してなくなることはないでしょう。 このように、アンプについてはデジタル化の波はやってきてはいますが、アナログアンプと共存して行くことでしょう。

Recommend