Category : BUSINESS

コピペが出来なきゃ話にならない

デジタル時代、最大の便利さはある意味「コピー」に集約されていると言えます。文字であれデータであれ、ほとんどのものがコピーできる利便性は、誰もが感じていることでしょう。逆を言えば、コピペが出来なくては仕事にならないとも言えます。

デジタルデータの恩恵

コピーが可能になり、さまざまなことが簡略化されました。文字のコピー1つをとっても、十分な恩恵があると言えます。メールの内容から一部を引用したり、資料から必要なデータを書類にうつしたり、用途は様々です。

昔はどんなものであれ、手書きが基本でした。コピー機がない時代は、文書複製は全て一文字一文字手書きで書いていました。もちろん人が写しているので、ミスも多かったでしょう。ワープロが登場し、文字がデータとして記録されるようになってからは、誰でも簡単に、そして正確にコピーが可能になりました。

作業の効率化

コピーが使われる場面というのは、すでに日常的なものとなっているため、あまり意識しませんよね?

例えば、受信したメールは、サーバーにあるデータのコピーをダウンロードしたものです。パソコン上のデータを違うフォルダに移すのだって、ある意味ではコピーと同じ要領と言えます。

もちろん、手書きの手軽さや便利さもありますが、データに比べると、扱いやすさが格段に違うと言えます。手書きの文字をパソコンで打ち直したり、スキャンしてデータ化する方法もありますが、はじめからデータとして認識させておけば、そういった作業はいりません。

全ての作業を効率化させるためには、データでやりとりを行い、誰でも手軽にコピーが出来ることが必要と言えるでしょう。 エクセルの「コピペ」を極めよう:日経ウーマンオンライン【仕事が早くなるエクセル術】

文字だけじゃない、コピペの使い道

画像や音楽、動画といったものまで、今ではすべてのものがコピー出来ると言えるでしょう。アナログではないので劣化はほとんどがなく、オリジナルと同じ状態のものをいつくも保存しておけるのは安心ですね。

コピーが可能でなければ、メールでのデータのやりとりも出来ません。このようにコピーとは、何気なく使ってはいますが、我々の仕事や暮らしになくてはならない技術です。コピペが出来ることに感謝しながら、今日も右クリックをしましょう。

Recommend