Category : BUSINESS

チャットアプリで相互連絡をより手軽に

メールの登場により、私たちの連絡方法は大きく進化しました。電話と違って場所を選ばずにコンタクトがとりやすくなりましたので、個人的な連絡だけでなく仕事でもしばしば使われています。フリーメールという無料サービスの登場も、それに拍車をかけたでしょう。

そしてメールに似た連絡方法としては、『チャット』というサービスがありますね。現代ではチャットの発達によりメールに置き換える動きもありますが、果たしてビジネスにも対応できるのかどうか、それを確かめてから仕事に使うかを決めましょう。

どこが違う?メールとチャットの明確な差とは

個人的な会話ではチャットが用いられやすくなりましたが、仕事ではメールのみというケースも多いのではないでしょうか?そこで、この二つの明確な違いを考えてみましょう。

チャットについてですが、こちらは連絡するにしても、メールに比べて大幅に簡略化されているといえます。例えばメールでは件名を入力することができますが、チャットではそれが省かれている場合が多いです。

また、スタンプなどの画像を送ることで、フランクなコミュニケーションをとることもできます。よって、チャットというのは総じて『手軽に連絡するには向いているが、機能の少なさや雰囲気の軽さから、仕事で使うなら場合を選ぶ』という感じですね。

こうした特徴から、さすがに得意先に対してチャットを使うのは気が引けて当然という感じではありますが、社内連絡の方法としてはどうでしょうか?

グループ分けでプロジェクト管理もしやすいチャットアプリ

有名なチャットアプリといえば『Skype』などがありますが、こうしたアプリの利点を考えてみましょう。そうすると、『グループ分けが容易である』というのが思い浮かびます。

グループ分けとは、例えばAグループは営業、Bグループは企画といったように、プロジェクトや部署によって送受信できる人を変更する機能です。メールでは都度送信先を設定したりする手間がありますが、チャットアプリではそれがありません。

また、過去ログに関しても振り返りやすいため、作業状況の報告にも向いています。ゆえに、取引先に使うのはちょっと厳しいものの、社内連絡の方法としてはメール以上よりも取り回しに優れると評価できるでしょう。

家族単位の利用にも便利!公私で使えるチャットの魅力

チャットアプリはケースをわきまえれば仕事でも十分活躍しますが、前述の利点というのは、家族間の連絡にも優れていると思いませんか?

例えば奥さんや子供たち全員に連絡できるような家族グループ作っておけば、今日は遅れるなどの連絡から家族旅行中の報告など、メールよりも手軽にみんなとつながることができます。

もちろん、奥さんを夜の営みに誘いたい場合などは、一対一のチャットも可能です。連絡を行う場合にグループをきっちり分けておくと、秘密の会話も子供達に聞かれることがありません。

しかし普段ご無沙汰で自分の男性としての機能に自信がなく、なかなか誘えないという場合、EDなどの専門クリニックに相談してバイアグラを処方してもらえば、気まずい雰囲気になることもなく安心です。ベッドインしてから勃起不全になってしまった、というのではそれまでの雰囲気も台無しになってしまいかねませんので、ぜひ検討してみましょう。

また、そうやって自分に自信をつけても恥ずかしいという場合、予め「誘うときはこのスタンプを使う」みたいな感じで話し合っておくと、もっと気軽に会話ができるので是非お試しください。

Recommend