Category : DIGTAL BOOK

あの文豪の作品が無料?!大人も嬉しい青空文庫

現代でもその名を馳せる文豪たちによる文学作品は、社会人になってから読んでも身に沁みるものです。しかし、中には学生の頃よりも自由に読書できる時間が減り、それほど本を買うのにお金をかけられなくなってしまった方も、少なくないでしょう。

そんな時、私たちが文学作品に触れられる豊かな時間をサポートしてくれるのが、「青空文庫」です。今回は、無料で版権切れの文学作品を読める電子図書館、青空文庫をご紹介します。

青空文庫とは

青空文庫とは、著作権切れの文学作品をオンライン上で無料公開している電子図書館です。夏目漱石、芥川龍之介、太宰治、宮沢賢治をはじめとした文豪たちの作品を、誰でもPCやスマートフォンから読むことができます。収録されているのは、日本の作家の作品だけではありません。フランツ・カフカ、コナン・ドイル、エドガー・アラン・ポーをはじめとした海外の文豪による作品を、日本語訳でお楽しみいただけます。現在、青空文庫には総勢13741もの文学作品が収録されています。

青空文庫のPC版サイトからも読めますが、おすすめはやはり、スマホアプリ「青空文庫ビューア」を使っての閲覧です。作品タイトル・作家名・年代などですぐに探せるので、お目当ての作品がすぐに見つかります。スマホの画面で読めば、忙しい方でも電車での通勤・通学の際に読書ができるので便利ですね。

Kindleストアでも無料配布

青空文庫のデータは、電子書籍の専用端末でも閲覧できます。Amazonから発売されているKindleを使えば、無料で青空文庫の電子書籍データがダウンロードできるのです。長時間の読書のために設計された電子書籍の専用端末での読書は、PCやスマートフォンのディスプレイよりもずっと快適ですよね。

Kindleの端末を買ったばかりでまだ本があまり揃っていないという方や、これまでに読んだことのない名作をこの機会に読んでおきたいという方は、ぜひAmazonのショップで「青空文庫」と検索してみてください。教科書で読んだ懐かしの作品から、名前は知っているけれども実はまだ読んでいない文豪の作品まで、数多の名作が読み放題になっています。

あなたも版権切れが楽しみになってしまうかも?!

2016年は、読書ファンから人気の高い文豪「谷崎純一郎」と「江戸川乱歩」の著作権切れの年。というわけで、彼らの作品が少しずつ青空文庫で読めるようになってきています。このように、お気に入りの作家が没後50年を過ぎると、青空文庫でいつでもどこでも読めるようになるのも、青空文庫の楽しみのうちのひとつ。

電子書籍に精通している人の中には、自ら紙本を分解して電子書籍化する"自炊"を行っている人も少なくありませんが、自炊ができない人でも、待っているだけで本棚にある作品が電子書籍化されたら、助かりますよね。これから数年後には、あなたの好きな文豪の作品が著作権切れになって、電子書籍として読めるようになっているかもしれません。

今回は、文豪の作品が無料で読める電子図書館こと青空文庫をご紹介しました。PCやスマホさえあれば、「電子書籍ってちょっと難しそう……」と思い止まっている方でも簡単に読書ができますよ。あなたもぜひ、人生で一度は読んでおきたい文学作品を、青空文庫でお楽しみください。

Recommend