Category : ART

Adobe社が牛耳るデザインの世界

現在、デザインの世界はそのほとんどがデジタル化しているといっても過言ではありません。もちろん絵画などの芸術はまだまだアナログな手法で製作されてはいますが、印刷物やWeb上のものは全てがデータでやり取りされています。

そして、このデジタルデザインの世界を牛耳る存在がAdobe社です。デザインに関わるクリエイターや学生のほとんどが同社のソフトを使用し、プロダクトや作品を作っています。

写真と言えばlightroomとPhotoshop

今やフォトグラファーにとってAdobe社のlightroom及びPhotoshopはなくてはならない存在です。ネガを現像して終わり、という時代は終わりに近づき、撮影者がある程度レタッチまでを終わらせてようやく作品が完成する、というのが主流となりました。

デジタルカメラで撮影されたデータはRAWというフォーマットでパソコンに受け渡されます。(はじめからJPEGなどで撮影することも可能です)RAWにはデジタルカメラからの情報が数多く残っており、加工を行っても劣化が少ないのが特徴です。lightroomはRAWを現像するのに使用され、色味や明るさなど、さまざまな加工を行うことができます。

その後Photoshopによってレタッチが行われます。誤って映り込んだものを削除したり、特殊な加工などを行ったりすることができるので、より作品の完成度が上がります。デジタルならではの恩恵と言えるでしょう。

DTPならillustratorとInDesign

DTPを行う人々にとって欠かせないのがAdobe社のillustratorやInDesignといったソフトです。写真や文字の配置、さらにはイラストの作成まで、デザインに関するほとんどのことを行うことが可能です。

雑誌やポスターといったものに利用されるこのソフトは、パスと呼ばれるデータが基本となります。画像と違いパスは位置・距離・角度などが記憶されるので、拡大縮小を繰り返しても劣化することがありません。描写された線は後から自由に変更が出来るので、微調整なども容易です。

Photoshopと組み合わせて利用することで、高品質な画像や印刷物が作成可能。さらに元データがそのまま残り、経年劣化といった心配もありません。

Web制作ならDreamweaver

Webのコーディングなどを行うDreamweaverも人気ソフトのひとつです。HTMLやCSS、さらにはJavaScriptやPHPなどのファイルも扱うことが出来るので、ホームページ制作を行う多くのクリエイターが利用しています。

プレビュー画面を見ながらWebデザインを行うことができる他、画面上で直感的な操作も可能です。上級者の場合にはテキストエディターで十分な作業ではありますが、Webデザインをはじめたばかりの初心者にとっては非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

このように、Adobe社が提供するソフトウェアは今やデザインの世界において絶対的なポジションを築いています。代替ソフトがない訳ではありませんが、業界スタンダードとして普及しているため、他のツールを使うと互換性で作業が面倒になることも。デザインをするならAdobeが必要、と言われるまでの存在となっています。

Recommend