Category : ONLINE STORE

まるで『魔女の宅急便』?!ドローン宅配便は実現するのか

スタジオジブリの人気作『魔女の宅急便』と言えば、魔女のキキが箒で空を飛んで荷物を届けるシーンが印象的ですよね。オンラインショッピングが主流となった今、私たちが頻繁に利用する宅配便では、荷物を乗せたトラックが道路を走って家まで届きます。

しかし、もしも宅配便が、自由に空を飛んで荷物を届けられるようになったら……? 交通渋滞がなくて、もっと早く届くのでしょうか。今回は、すでに一部の地域で試験が始まっているドローン宅配便についてお伝えします。

ドローン宅配便とは

「ドローン」と言えば、一部の悪質なユーザーが不適切な利用をしたことで、テレビなどで批判的な報道が相次いだ時期が、記憶に新しいですね。ドローンとは、無人の小型航空機のことです。もしかしたら、テレビでの報道を受けてあまり良いイメージをお持ちでない方もいるかもしれませんが、適切に利用されれば非常に便利なものです。海外では、打ち上がる花火にドローンで接近して、撮影を行った例もあります。その美しい動画はYoutubeにアップされ、日本はもちろん世界中で視聴者を集めています。

そんなドローンを、宅配便に利用するための試験が始まっています。オンラインストアで注文した商品を、ドローンで配送しようと言うのです。このサービスにいち早く着手したのが、アメリカの大手通販企業の「Amazon.com」でした。アメリカでは他にも、「Wal-Mart Stores, Inc.」「Google Inc.」など名だたる大企業が、ドローン宅配便の実現のために力を入れています。

日本でも千葉市で実用化実験が!

アメリカで続々とドローン宅配便の実現化へ向けた動きが見られる中、日本では千葉市が先駆けて、ドローンの実用化へ向けて一歩踏み出しました。幕張新都心地区にドローンの発着場を作り、10キロ離れた倉庫からドローンで荷物を運ぶ計画が立てられています。この計画には、アメリカでもいち早くドローン宅配便に着手したAmazonが参入する方針だそうです。

海外の話題だけではちょっと現実感がない気がしてしまいますが、日本でもすでにサービス開始へ向けて取り組みが始まっているとなると、少しずつ実感がわいてきますよね。これまでのオンラインストアでの配送のスタイルががらっと変化する日は、案外すぐそこまで来ているのかもしれません。

ドローン宅配便で暮らしはどう変わる?

オンラインショッピングが主流となった現在、運送業界にはさまざまな問題が発生しています。ドライバー不足の中、宅配便の利用が急激に増えました。その上、配送時に荷物を受け取れない人が多いため再配達の件数が増加し、結果としてドライバーの負担がより大きくなりました。

それでも、給与はこれまでと変わりません。無人で荷物を配送できるドローン宅配便には、このような問題を軽減できる可能性があります。まだ実現へ向けてさまざまなハードルを抱えているドローン宅配便ですが、この技術の登場によって世の中がより良くなるといいですね。

今回は、数年先に実現を控えた"空飛ぶ宅配便"ことドローン宅配便についてお伝えしました。もしかしたら、オンラインストアの配送が180度変わるかもしれません。

Recommend